最新情報・お知らせ

2018.09.03 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「ごま」

9月が旬の食材「ごま」

今では年中スーパーで見かけるごまですが、旬は9〜10月であることをご存知でしたか?
中国や朝鮮から日本に伝えられ、精進料理の食材として古くから親しまれてきました。和え物やごま豆腐、炒め油など様々な料理に使われるごまは、栄養がとても豊富です。特にごま特有のゴマリグナンは優れた抗酸化作用があり、がんや動脈硬化を防ぐといわれています。また、ごまを加えることで料理がより美味しくなることから「ごま化す」という言葉が生まれたという説もあります。

≪選ぶポイント≫
粒が揃い、実が硬くしまってよく乾燥しているものが良いです。日本では、ほとんどを輸入に頼っていますが、国内産を見かけた時は、ぜひ手に取ってみてください。国産ごまは上質で希少価値が高く、品種としては「まるえもん」「まるひめ」などがあります。

≪保存方法≫
「いりごま」
中の空気をしっかり抜き、チャックや輪ゴムで留めて冷蔵庫で保存します。開封から1か月を目安に使い切りましょう。
「練りごま」
低温で保存するとごまの油分が白く固まることがあるため、冷蔵庫ではなく、冷暗所での保存が適しています。
「ごま油」
高温により酸化しやすくなるため、コンロの近くは避け、暗所に常温(20℃程度)で保存します。また、湿気にも注意が必要です。

≪簡単おすすめレシピ≫
いんげんのごまあえ 〜2人分〜
〈1〉いんげん(100g)はヘタを切り落とし、適当な大きさ(3〜4cm幅)に切る。
〈2〉沸騰したお湯で2分茹で、ざるにあげて冷水で冷やす。
〈3〉ごま(大さじ1と1/2)をすって、こいくちしょうゆ(大さじ1/2)、砂糖(大さじ1)を合わせ、和え衣を作る。
〈4〉よく水気をふき取ったいんげんと、〈3〉を和えて完成。

戻る