最新情報・お知らせ

2018.03.08 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「ブロッコリー」

今月のおすすめ食材 「ブロッコリー」 

ブロッコリーの原産地は地中海沿岸といわれ、イタリアでは古くから食べられていました。日本に入ってきたのは、明治時代で、一般に普及したのは昭和に入ってからです。
ブロッコリーはビタミンCや葉酸の含有量が野菜の中でも群を抜いて多いです。特にビタミンCはコラーゲンの合成を助け、シミやソバカスを予防し、肌にハリを与える効果があると共に、ストレス解消や免疫力の強化に有効です。しかし、茹でると水に流れ出てしまうので、さっとかために手早く茹でると効率よくとることが出来ます。
≪選ぶポイント≫
つぼみがギュッと詰まっていて、こんもりと盛り上がり、きれいな緑色のものがおすすめです。茎の切り口がみずみずしく、空洞がないものを選びましょう。
≪保存方法≫
ポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存をしましょう。日に日にビタミンCが減少するので、早めに食べて下さい。すぐに食べない場合は、かために茹でて、冷凍庫で保存しましょう。
≪おすすめレシピ≫ 
「ブロッコリーのホットサラダ」
*材料(2人分)
・ブロッコリー…………150g
・塩………………………少量
・卵………………………1個
<ドレッシング>
・粒入りマスタード……小さじ1
・オリーブ油……………小さじ1
・酢………………………小さじ1
・塩………………………少々
*作り方*
(1) ブロッコリーは茎を長めにつけたまま小房に切り分ける。塩を入れた熱湯で2分半ほど茹で、ざるに上げて水気をきる。
(2) 半熟卵を作るため冷蔵庫から出したばかりの卵を沸騰した湯に玉じゃくしで入れ、7分茹でる。すぐに冷水にとって冷やし、殻をむく。
(3) ボ−ルにドレッシングの材料を入れて混ぜ、(1)を温かいうちに加えて和える。
(4) (2)の半熟卵を8等分に切り、(3)に加えて軽く和え、器に盛る。

戻る