最新情報・お知らせ

2018.02.01 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「にら」

2月のおすすめ食材 「にら」 

 にらは、東アジアが原産で、日本でも古くから栽培されています。もともとは薬草として利用されており、食用として利用されるようになったのは明治時代に入ってからです。
 にらは、ビタミンAを豊富に含んでおり、皮膚や粘膜を丈夫にして抵抗力を高める効果が期待できます。その他にも、ビタミンKやビタミンB2、ビタミンCなどを豊富に含む栄養価の高い緑黄色野菜です。
 また、にら特有の香りのもとである硫化アリルは、疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収率を高め、糖の分解を促進します。硫化アリルは根元の部分に多く含まれているため、調理の際は根元まで利用するようにしましょう。

【選ぶポイント】
葉の幅が太く、肉厚なものを選びましょう。葉先までピンとはりがあり、緑が濃く、みずみずしいものがおすすめです。葉がしおれていたり、白い斑点があるものは避けましょう。

【保存方法】
にらは乾燥や水気に弱く傷みやすいので、2〜3日で使い切るようにしましょう。冷蔵庫で保存する場合は、葉が重ならないようにラップや紙で包み、冷蔵庫に立てて保存します。
使い切れない場合はにら(1/2束)を細かく刻み、しょうゆ(100ml)、煮切りみりん(50ml)、ごま油(小さじ2)に漬けて『にら醤油』を作っておくと、冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。にら醤油は湯豆腐に乗せたり、炒めものに利用したりと普通の醤油のかわりに利用することができます。

【おすすめレシピ】 〜 かじきまぐろのにら醤油ソテー 〜
<材料> (2人分)
・かじきまぐろ    2切れ
・塩、こしょう    少々
・小麦粉       少々
・サラダ油      大さじ1
・にら醤油      小さじ2

<作り方>  
1、かじきまぐろは塩、こしょうをし、小麦粉をまぶす。
2、フライパンにサラダ油を熱し、(1)を両面焼く。
3、にら醤油をからめたら出来上がり。

戻る