最新情報・お知らせ

2017.10.01 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「かぼちゃ」

10月のおすすめ食材 「かぼちゃ」

 かぼちゃは「冬至に食べるとカゼを引かない」と言われている通り、栄養価が高いです。また、美肌効果やアンチエイジング効果があるビタミンC、冷え性や肩こりを改善するビタミンE、皮膚や粘膜・眼を保護するβカロテンなどにも富んでいます。さらに、食物繊維も多く、便通を良くしたり血圧の急激な上昇を防ぐ働きもあります。
 かぼちゃは世界中で栽培されており、品種は非常にたくさんあります。このうち現在日本で栽培されているものは、大きく分けて日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3種類です。最も多く流通している西洋かぼちゃは、ほくほくとして甘味が強いのが特徴です。キリスト教の伝統行事「ハロウィン」で提灯やパイに使用されているかぼちゃは、外皮がオレンジ色のペポかぼちゃです。

【かぼちゃの選び方】
 皮の表面につやがあり、きれいに左右対称に丸くなっているものを選びましょう。また、カットされているものは、果肉の色が濃いオレンジ色をしていて、種がしっかりと膨らんでいるものを選びましょう。種が膨らんでいないものは、未熟なうちに収穫されており、甘みやほくほく感に欠けます。

【かぼちゃの保存方法】
 丸ごとのものは、風通しのよい冷暗所で2か月ほど保存できます。カットしたものは、ワタの部分から傷み始めます。ワタと種を取り除き、ラップで包めば冷蔵庫で1週間ほど保存できます。

【かぼちゃのおすすめレシピ】 〜かぼちゃとピーマンのごま和え〜
<材料> 3人分
・かぼちゃ 1/8個
・ピーマン 2個
・しょうゆ 大さじ1と1/2
・すりごま 大さじ1と1/2
・砂糖   小さじ1と1/2

<作り方>
1、かぼちゃは一口大に切り、ピーマンは細切りにする。
2、かぼちゃは柔らかくなるまでゆで、ピーマンはレンジで2分加熱する。
3、しょうゆ、すりごま、砂糖を合わせ、かぼちゃとピーマンにかけて和え、器に盛る。

戻る