最新情報・お知らせ

2017.07.01 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「ピーマン」

7月のおすすめ食材「ピーマン」

 ピーマンはナス科トウガラシ属の果菜で、フランス語の「piment(ピマン)」またはスペイン語の「pimiento(ピメント)」という唐辛子を指す言葉が由来になっています。

<ピーマンの栄養素>
 ピーマンにはビタミンCやカロテン、クエルシトリンなどが豊富に含まれています。ビタミンCは風邪の予防や疲労回復、肌荒れに効果があり、カロテンは体内でビタミンAに変換されることで、髪の健康維持や視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺などの呼吸器系を守る働きがあるといわれています。
また、クエルシトリンはポリフェノールの一種で、高血圧抑制や抗うつ作用の効果があることが近年の研究でわかっています。

<ピーマンの選び方>
 色が均一で濃く、艶があり、軸の切り口が新しいものを選びましょう。茶色く変色したり干からびたりしていないかも確かめましょう。持った時に重みがあり、指で挟んだ時に弾力があるものが、肉厚で美味しいです。

<ピーマンの保存方法>
・乾燥しないようにビニール袋やポリ袋に入れて野菜庫に入れましょう。
・カットしたものを保存する場合は、さっと流水ですすいでから、よく水気を切って、袋やタッパーに入れて保存します。
*冷凍保存は食感や味を損ねるため、おすすめしません。

《おすすめレシピ》〜ピーマンのラタトゥイユ風(炒めて煮込む)〜
<材料>(4人分)
・ピーマン       4個(150g)
・赤、黄ピーマン    各1個
・にんにく       1かけ(つぶす)
・オリーブオイル    大さじ2
・白ワイン(料理酒)  1/4カップ
・トマト水煮缶     1カップ
・ドライハーブ(バジル) 少々
・塩、こしょう      少々


<作り方>
1、ピーマンは縦半分に切って種をとり、さらに縦に3等分する。
2、鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて熱し香りが出たらピーマンを加えて炒める。
3、白ワインを入れて煮立ててアルコールを飛ばしたら、トマト水煮缶、ハーブを加える。
4、数分(5〜6分)煮て、塩、こしょうで味を調える。

戻る