最新情報・お知らせ

2016.06.04 チョットコミミ情報

今月のおすすめ食材 「鮎」

今月のおすすめ食材 「鮎」

 鮎は本来、川と海を回遊する魚で、北海道南部から朝鮮半島、ベトナム北部など東アジア一帯に生息しています。日本では代表的な川魚です。

 「香魚」とも言われるように鮎は独特の香りをもっており、水質のよい川の鮎はスイカの香りがします。資源保護のため、11月〜5月は禁漁となっています。旬は、この禁漁明けの6月から8月頃までで、特に7月の若鮎が骨も柔らかく美味しいです。

 鮎は、天然物と養殖物があり、味ではうま味成分を多く含む天然物がおすすめです。一方養殖物は餌に恵まれているため脂質が多く、血行促進にはたらくビタミンEが多いという特徴があります。
 天然、養殖ともに良質なたんぱく質が豊富に含まれます。脳を活性化させるDHA、コレステロールを低下させるEPAが含まれます。

 鮎の香りを味わうなら塩焼きがおすすめです。ワタにはビタミンAやビタミンEが豊富なので腹からかぶりつきましょう。頭が小さく、体色がきれいなものがおいしいとされています。


【鮎のおすすめレシピ】 〜鮎の一口巻き〜
 
<材料>2人分
・鮎2匹(180g)
・塩、こしょう(各少量)
・梅干し1個
・青しそ1枚
・サラダ油適量

<作り方>
1、鮎は3枚におろし、腹骨を取り、塩こしょうを軽くふっておく。
2、梅干しは種を取りつぶしておく。青しそはみじん切りにする。
3、梅干し、青しその順にのせ、鮎を両端から巻き串で止める。
4、フライパンに油をしき、3を丁寧に焼く。串から外して盛りつけたら出来上がり。

戻る